アシアナ航空がオーバーラン=報告は2日後、国交省が注意−開業間もない茨城空港(時事通信)

 11日に開業したばかりの茨城空港で21日午前、ソウル・仁川発のアシアナ航空機が着陸の際、滑走路を逸脱するトラブルがあったことが23日、分かった。オーバーランなどがあった場合、航空会社はできるだけ早く国土交通省に報告することになっているが、同社が報告したのは同日になってからだった。国交省は担当者を呼んで口頭で注意する。けが人はいなかった。
 国交省によると、オーバーランしたのは、アシアナ航空168便エアバスA321型機(乗客乗員93人)。滑走路を逸脱した距離は約30メートルで、110メートルある「過走帯」の中で止まったが、極端なオーバーラン防止のため、自衛隊が過走帯内に設置したネットを損傷した。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
特集・エールフランス機墜落
【特集】御巣鷹山の真実-記者が語る日航ジャンボ機墜落事故
〔写真特集〕航空ファン必見「航空科学博物館」
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー

<温室ガス>環境省がロードマップ 販売の7割エコカーに(毎日新聞)
<阿久根市>公共工事「不自然な入札」 反市長派が批判(毎日新聞)
架空の石油投資話、指名手配の社長がタイで逮捕(読売新聞)
雑記帳 新種?肉食恐竜の全身骨格を復元(毎日新聞)
カート暴走、運転手書類送検(産経新聞)
[PR]
by 2bdd9rezor | 2010-03-27 05:00