裁判員「言い分違い大変」=3被告審理、懲役7〜8年−横浜地裁(時事通信)

 盗難車で衝突事故を起こし、運転手を襲って現金を奪ったとして、強盗致傷などの罪に問われた電気工桑木野勉被告(26)ら3人の裁判員裁判の判決で、横浜地裁(村上博信裁判長)は21日、桑木野被告に懲役8年(求刑懲役10年)を言い渡した。
 無職下原政広被告(28)は懲役7年(求刑懲役10年)、事件当時少年だった無職の男(21)は懲役7年(求刑懲役9年)とした。
 公判では誰が主導したかで争いがあったが、判決は3人がチームで犯行に及んだと認定した。
 裁判員を務めた30歳代の男性は「3人の言っていることが違うため大変だった」と述べた。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
【特集】裁判員制度
弁護側、減刑求め結審=性犯罪初の裁判員裁判の二審
強盗殺人容疑で59歳男逮捕=靴底に被害男性の血か
選任手続き、手話通訳付けず=裁判員候補者の要望見落とす

<交通事故>大学生はねられ死亡 横浜(毎日新聞)
皇太子ご夫妻、兵庫県入り(時事通信)
<自民党>夏の参院選の公認候補7人を発表 青木幹雄氏も(毎日新聞)
自民・尾辻氏、鳩山首相に退陣要求=参院でも代表質問始まる(時事通信)
ご注意!キャッシュバック偽装、実質ヤミ金(読売新聞)
[PR]
by 2bdd9rezor | 2010-01-22 12:14