海に落とし遊泳20分強要し殺害、元組員に無期懲役判決(産経新聞)

 知人男性を海に突き落として殺害するなど2人に対する殺人と傷害致死、6人への傷害罪などに問われた元山口組系暴力団幹部、森本浩一被告(44)の判決公判が25日、大阪地裁であった。笹野明義裁判長は無期懲役(求刑死刑)を言い渡した。

 殺人について弁護側は「実行行為を行っていない」などと無罪を主張していたが、笹野裁判長は「すでに虐待され衰弱していた被害者に20分間遊泳を強要したことは死亡する危険性が極めて高い行為」と殺人罪の成立を認めた。

 判決によると、森本被告は平成14年5月の暴行で衰弱した当時30代の男性を岬町の漁港から海へ突き落として殺害。18年12月には大阪市西成区のアパートで別の30代男性に暴行し死なせたほか、男女6人に暴行した。

【関連記事】
大阪・西淀川発砲事件、手配の元組幹部を逮捕
弁当351個を詐取 無銭飲食容疑で暴力団幹部ら逮捕
格付け維持のためウソ資料 建設業法違反で組員ら逮捕
公共工事の格付け維持へ虚偽実績 組幹部の建設会社社長ら3人逮捕 大阪
覚醒剤密輸 関西の元暴力団幹部ら逮捕

<缶飲料>岐阜産使い「静岡茶」表記…製造会社を行政指導(毎日新聞)
<粘菌>ネットワーク構築の性質、物流経路の設計に応用可能(毎日新聞)
30道府県は追試実施=高校入試のインフル対策−文科省(時事通信)
普天間、固定化の可能性も=のし掛かる先送りのつけ−名護市長選(時事通信)
検察に“圧力”、報道を批判…民主の言動過熱(読売新聞)
[PR]
by 2bdd9rezor | 2010-01-30 22:20